上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーティングのシーズン1が終了しました。
25日に過去作からのポケモンを連れていける「ポケムーバー」「ポケバンク」の解禁とともにスタートしたシーズン2はいかがでしょうか?

今日は暇なんでシーズン1のスペシャルルールで使用したPTのメモとともに色々書いていきたいと思います。




写真 3

PTがちょこちょこかわってた際に、勝率が悪かったのでこんな感じになってますが
勝ち越し分はほとんど最終的に使っていたPTで稼いだものなのでそれなりには勝てる構築ができあがったんじゃないかな、と思います。時間があればもっと潜りたかったってのが本音ですが、長期メンテがあけたころはちょうど忙しかったんでしょうがないですね


構築を作る事自体が苦手ではありますが、頑張って作りましたのでよければ見ていってください~!


■使用構築と簡易表

kagi.png ほるーど  aro-.png

ぶりがろん    がめのです  ぶろすた



もちものわざ1わざ2わざ3わざ4備考
クレッフィひかりのねんどリフレクターひかりのかべイカサマラスターカノン壁貼り
ホルードきあいのたすきおんがえしじしんでんこうせっかつるぎのまいAS
ファイアローいのちのたまフレアドライブブレイブバードオーバーヒートつるぎのまいAS はやてマン
ブリガロンたべのこしウッドハンマーじしんやどりぎのたねニードルガードHBD
ガメノデスラムのみシェルブレードストーンエッジどくづきからをやぶるHAS
ブロスターとつげきチョッキみずのはどうあくのはどうりゅうのはどうアクアジェットHC


■対戦数 
11月16日  14試合 10-4

11月17日  2試合 2-0

11月21日  17試合 13-4

11月22日  7試合 6-1


合計試合数 40   31-9 勝率 77.5 ≒ 78%



■個別解説


★ クレッフィ  @ひかりのねんど


kagi.png 


164- * -101-100-152-96   おだやか
リフレクター ひかりのかべ イカサマ ラスターカノン

HDぶっぱの害悪鍵束。
運ゲー型ではなく壁貼り型です、タイプが優秀なうえにそこそこ耐久もあるのでとても使いやすいですね。
役割から、2種類の壁は確定。  物理系の相手にダメージの入るイカサマもほぼ確定だと思います。
最後の1枠ですが、弱点がつけるものの物理が多いこのPTで少しだけ辛いクレベースやクレッフィへの打点としてラスターカノンを採用しました。

ラスカを採用している個体も一定数はいると思いますが、最初からは警戒されないのでかなり刺さったのでよかったです



★ ホルード   @きあいのたすき


ほるーど
 


161-118-97- * -97-130   いじっぱり
おんがえし じしん でんこうせっか つるぎのまい

カロスシングル環境のトップメタ。

最初の頃はそんな数いませんでしたよね、いつのまにかトップメタになってました。

タイプ一致技も威力が高く、先制技もつかえる、Sもなかなかはやい。
PTにいれない理由がないですよね。

交換読みとか壁貼った後の低火力なやつを起点にできますが、無理して舞わなくても充分火力でます。
最初はラムをもたせていましたが交換の際に威張るされてラム消費、また威張るで自傷 なんて事が何回もあったので汎用性を求めて襷に変更しました。




★ ファイアロー @いのちのたま


aro-.png 


150-133-91-95-80-195  むじゃき
フレアドライブ ブレイブバード オーバーヒート つるぎのまい


いろんなポケモンを上からたたける、高火力のアタッカー。
珠もちなので、HP消費が激しいのでなんとか管理します。 HPが偶数なのは察してください
ミラー意識の最速


HB特化トリミアンに対して

つるぎのまいブレバ+オーバーヒート    
   136~161               +   64~76           = 200~237  なので確定で倒せます。                




★ ブリガロン @たべのこし


ぶりがろん 


195-127-181- * -104-84  わんぱく
ウッドハンマー じしん やどりぎのたね ニードルガード

 ▼耐久調整
HB  Aぶっぱホルードの2upジュエル恩返しで 150~177      
           Aぶっぱアローのハチマキフレドラ      164~193
    イカサマ                      13~16    2up 25~30


ホルードやギルガルドを受ける枠。
剣舞をするときに、交換でだせば急所をひかれない限り倒せます。
残飯は、守ると上位互換であるニードルガードとのシナジーを考えた結果です。
じしんといわなだれ(エッジ)は選択でいいと思います

Hぶっぱ(16n+3)、Bは11n、残りをDにふりました




★ ガメノデス @ ラムのみ


がめのです 


169-172-136- * -107-98  いじっぱり
シェルブレード どくづき ストーンエッジ からをやぶる

エッジはトリミアンに対してワンチャン残したり、ヌメルゴンを確定で葬ったりするためにしかたなく採用。
特性のかたいつめのおかげで、 シェルブレードが威力145 どくづきが威力104でけっこー火力でます。

タイプのおかげで、アローに対しての受けだしが安定するのもグッド。
壁とのシナジーを意識して最低限のS確保をしてHにガッツリ振りました

Sは最速アロー抜き、Aぶっぱ  残りH




★ ブロスター @ とつげきチョッキ


ぶろすた 


178-83-108-189-110-79   ひかえめ
みずのはどう あくのはどう りゅうのはどう アクアジェット


タイプ一致メイン技のみずのはどうに加え、育成当時多かったギルガルドへの解答としてあくのはどう。
龍の波動と波動弾は迷いましたが、少し重めなヌメルゴンへの打点を考え 龍の波動を採用しました。
アクアジェットは6V個体がうまれたって理由でいれてましたが、たすき潰しができたり役に立つ場面は多かったです

チョッキは、無振りでもそこそこ耐久があり有用な補助技を覚えないブロスターにはぴったりだと思います。
壁をはってタイマンで殴り合ってるだけでほとんどのポケモンを突破できる、ホントに強いポケモンでした

ストーリーでも捕まえて育てていたので、一番思い入れのあるポケモンかもしれません

HCぶっぱ 同速意識のS4振り





■まとめ

コンセプトは 「壁を貼って、中耐久ポケモンで殴る」
壁スタンダートって感じですかね

元々は、ステロをまけるガチゴラスやギルガルドをいれてましたがあまりにもホルードに薄い事が発覚し
どんどんメンツが変わっていっていまのような形になりました。  


ガチゴラスとギルガルドが入ってたときは、環境初期だったのもあってかホルードもそこまで数を見なかったです。
そのおかげか、最高レート1742のランキング50位ぐらいが瞬間最高成績になったりもしました。(いつのまにかまったく勝てなくなり同じPTで最低レート1420ぐらいにもなったりしましたけどね)


すでに持っているポケモンを育成したり、厳選したりするのがめんどくさくて始めたスペシャルレーティングでしたが
構築も真剣に考えたりした面白いルールだったと思います。
まぁ過疎ってたのは仕方ない事ですよね~



長くなりましたが、ここまで読んで下さりありがとうございました!!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nadesiko9100.blog.fc2.com/tb.php/23-7caf4ec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。